パピーズママ

イタリアングレーハウンド(イタグレ)専門ブリーダー パピーズ・ママ

避妊・去勢手術について

愛するイタリアングレーハウンド(イタグレ)の避妊・去勢について悩まれる方も多くおられます。
最近の風潮では「犬の為にも避妊・去勢は行う方が良い」という流れです。

愛犬を大切に思うからこそ慎重に考え、たくさんの意見もございます。

イタリアングレーハウンド(イタグレ)の避妊・去勢手術の反対意見。
・むやみに手術をしたくない。
・生まれつき備わっている生殖機能を除去してしまうことは忍びない。
・痛くて可哀想。
・自然体のままに育ててあげたい。
・できることなら赤ちゃんが欲しい。
・ホルモンバランスが崩れて太らせたくない。

イタリアングレーハウンド(イタグレ)の避妊・去勢手術の賛成意見。
・本能による生殖行動を止めてあげたい。
・雄犬のマーキング(臭い付け)を抑えたい。
・雄犬が脚を上げてするオシッコを止めさせたい。
・雌犬の子宮系の疾患(内膜症、癌等)を防ぎたい。
・雌犬の生理による出血を無くしたい。
・ドッグランに自由に行けるようにしてあげたい。
・比較的安価で危険性の少ない簡単な手術で処置できる。

Puppy’s Mama(パピーズママ)としてはご自分の愛するイタリアングレーハウンド(イタグレ)のベビーを欲しがる気持ちは大切に思いますし、愛犬の妊娠・出産を否定もしません。
避妊・去勢手術を行えば二度と妊娠することはできなくなります。
イタリアングレーハウンド(イタグレ)の子を望む場合、雄雌を多頭飼育していれば難しいことではありません。

ただし忘れずに覚悟していただきたいことがあります。
犬は安産のお守りという方もおりますが、実際は難産の子も多く、帝王切開になってしまう場合や最悪のケースとなると母子ともに出産事故による死亡ということも珍しい話ではありません。
ベビーを求めるために愛するイタリアングレーハウンド(イタグレ)が亡くなってしまったら悔やんでも悔やみきれないことになります。

また、やっと産まれた子犬に障害や奇形が発生していたらどうしますか?
それも複数頭に発症していた場合、責任をもって対処したり、つらい決断を下すことができますか?
イタリアングレーハウンド(イタグレ)では多胎児(8~10頭)の出産も報告されています。
それだけ多くの子犬たちのオーナーを見つけることができますか?

大切な我が子の血統につながるイタリアングレーハウンド(イタグレ)を望むのでしたら、パパやママ、姉妹たちがPuppy’s Mama(パピーズママ)の犬舎で元気に暮らしています。
危険性を伴う妊娠や出産のリスクを選択することなく、Puppy’s Mama(パピーズママ)から同じ血統につながった子による多頭飼育を考えることも正解だと思います。

24.9万円からイタリアングレーハウンド(イタグレ)とチワワの専門ブリーダー
タイトルとURLをコピーしました