パピーズママ

イタリアングレーハウンド(イタグレ)専門ブリーダー パピーズ・ママ

寄生虫(原虫)の感染について

イタリアングレーハウンド(イタグレ)と暮らしていると寄生虫(原虫)に感染してしまうことがあります。
「寄生虫感染」などと聞くと驚いてしまうでしょうが、投薬によって比較的安易に治療できますのでご安心ください。
Puppy’s Mama(パピーズママ)では定期的に投薬を行い予防対策は欠かしません。
しかしながら、寄生虫は感染した他の犬の便を食べた、虫体(卵)が入った糞を踏んだ足をなめた、他の犬のおしりをなめたなど、主に口を通じて(経口感染)体内に虫体(卵)が入り感染してしまいます。
お散歩やドッグラン、または人間が持ち込んでしまい寄生虫感染が起こる場合も多くあります。
下痢や食欲不振、体調不良などありましたら獣医師に診ていただくことも大切ですし、定期的に駆虫薬を投与することも重要です。

コクシジウム症
コクシジウム症に感染すると水様性の下痢を起こし、症状が重くなると粘液や血が混ざったりします。
下痢にともない特に幼犬では脱水が見られ、嘔吐や食欲の低下を生じます。

ジアルジア症
臭いの強い血便や泥状便、水様便が続きましたら、ジアルジア症に感染していることを疑います。
数週間の抗原虫薬の投与で治りますが、感染力が高く、免疫力の弱い子犬は急性または慢性の下痢を起こし重症化するケースもあります。

回虫、鉤虫(こうちゅう)、条虫、鞭虫等
線虫(せんちゅう)に属する寄生虫の虫体(卵)が口を通じて(経口感染) 体内に入り感染します。
間欠性の大腸性下痢、血便・粘液便、しぶり腹(便がなかなか出ない)など引き起こします。

寄生虫(原虫)によっては人間にも感染(動物由来感染症・人畜共通感染症・ズーノーシス)してしまうこともありますので早目に動物病院に掛かり治療してください。
レアなケースを除いて成犬ならば容易に亡くなることはありません。
定期的に予防を兼ねた駆虫薬の投与、下痢が続いたり体長の不具合が続くようでしたら獣医師の診断を仰ぐようしてください。

24.9万円からイタリアングレーハウンド(イタグレ)とチワワの専門ブリーダー
タイトルとURLをコピーしました